性病の感染が発生するのはなにも性行為だけではありません。ちょっとした不注意により性病になってしまう可能性があります。

心配な女性

性病とは、一般的に男女間の性行為などの接触によって、感染する病気のことを指します。
性病の種類には、クラミジア、淋病、梅毒、尖圭コンジローマ、トリコモナス、性器ヘルペスなど、数十種類の感染症があります。
世間では、お店で働く方にかかりやすい病気として認識されていますが、一般の方も感染する確率は高いので、安易に考えてはいけません。
また、日本人に最も多い感染症はクラミジアと言われています。
性病は、性行為だけではなく、オーラルセックスなどの行為でも感染します。

クラミジアの症状は、排尿時の痛みです、女性は、下腹部痛を伴う時もあります。
あまり自覚症状が出ない場合が多いです。
淋病は、排尿時の痛みや、男性に比べて女性の自覚症状は軽くて見つかりにくいです。
性器ヘルペスは、性器や肛門部分に、水ぶくれや潰瘍ができます。
女性は、排尿時に激しい痛みを伴い、発熱する場合もあります。
トリコモナスは、おりものの色に変化あり、黄色のような色と悪臭がある場合があります。

いずれの感染症も、潜伏期間があり、自覚症状が出るまでに時間がかかります。
その間に性行為を行うことになって、さらなる感染を引き起こします。

性病の疑いがある場合は、性病科や泌尿器科、産婦人科などの医療機関で診断、検査が可能です。
診断を受けたら、しっかりと治療に専念しましょう。

また、自覚症状がなくても、パートナーの方に症状があったり、性病と診断された場合は、必ず受診しましょう。
性病を防ぐためには、パートナーと協力して、必ずコンドームを着用するなどの予防が重要となります。
女性の場合は、性感染症を気づかずに放っておくと、不妊症の原因にもあるので、大変ナイーブな問題となるので、しっかりと考えることが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧
    最近の投稿
      アーカイブ